FC2ブログ

セルフ・ツアー・レポ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ricky.jpg

’08 11 22
@高松RICKY

地元・高松のハコですが、ハプニングエイトとしては
初のRICKYです。

高松の歓楽街、古馬場のド真ん中に位置するRICKY。
内装は、フィリピン・パブっぽい作りです。
(実際は、何だったんでしょう?)

今日は、ゲスト3バンド、地元5バンドの長丁場だ。
最後まで、体力がもつか心配でした。
が、全バンドのライブを見れてしまう充実したイベントでした。

ゲストバンドの一つ、E.G.THREE。
前回のツアーでも高松に来てくれ、見に行きました。
しかし、前回より今回の方が断然良いライブでした。
正直、前回のライブは(???)という感じでしたが、
今回は、違いました。
ハコの雰囲気なのか、ステージが客席とフラットなのが良かったのか、
とにかく一体感のあるライブでした。
これは、当日に来ていたお客さんも感じたと思います。
ライブというよりは、パーティーという方が近いかな?
それと、カバー曲のセンスの良さは、感激でした。
ビートルズ、ザ・フー、クリエーション。
と、どれも大好きなバンドばかり。
若い頃に死ぬほど聴いて、今でも聴いている。
こういう音楽性の根っこの部分が近い人たちのライブは
本当に参考になります。
共演できて良かったです。

で、ボクラのライブですが。
リハーサルでは、どうなることかと心配でしたが、
本番では、なぜか音のバランスも良く
難なく演れました。
でもお客さんと近過ぎると、なんだか照れます。
満員電車と似た感覚(?)
とにかく、地元で久々に熱いライブでした。

で、終演。
総勢8バンドなので、当然真夜中です・・・。
それでも、打ち上げには参加。
そして、午前5時前に終了。
家に辿り着いた頃には、朝日が・・・。

世間は、明日が始まってました。
でもボクは、寝ますけど。




高松ダイム

’08 11 1
@高松ダイム

実に1年7ヶ月ぶりの高松ダイムです。
個人的には、ダイム小屋主率いるバンドエイジバンドのサポート・ギターなどで
何度か出させてもらっていますが、ハプニングエイトでは御無沙汰です。
出させてもらうたび書きますが、最高のライブハウスだ。
さぬきうどん、屋島に次ぐ香川のオススメである。
栗林公園、金比羅宮よりも、むしろダイムだ。

若干、大袈裟になりましたが、まだダイムでライブを見たことのない方は是非どうぞ。
最後尾からでもアーティストが見える嬉しいステージの高さになってます。
小柄な男子&女子の強い味方です。

さて、この日のライブですが。
前回の松山星空ジェットで、パッチ・アローン(レディオ・キャロライン、パッチ・ソロ)と
共演していたことで、ダイム小屋主より誘っていただき決定しました。
いやいや、人との繋がりは大事ですね・・・。
家に引き篭もらずに、人と接しようと思いました。この時は。
人間、万歳!・・・ですね。

しかし、今日はいつものPAオペレーターのアリさんが入院中で
音のバランスがいつもと違うダイムでした。
まあ、でもやりきりました。悔いなく。
お客さんもあったかい人たちばかりでした。
初めて見てくれた人、久しぶりに見に来てくれたひと。
いつも見にきてくれる人。
本当に楽しいライブでした。

終演後、デューク(主催)の方に打ち上げに誘われ、参加。
この打ち上げもまた、楽しい時間でした。
ミッシェル・ガン・エレファント、ニートビーツ、ギョガン・レンズの昔話やら
最近の話、君は○○○に似てる話など、
ハプニングエイト史上でも最近なかった楽しい打ち上げでした。
居酒屋→うどん屋→カフェ、と
打ちあがったのは、午前4時前でした。
思えば、前回の松山での打ち上げも今回同様によく喋りました。
あの時は、御蔭でとあるロック・ボーカリストの
永遠の32歳説の謎も解けました。
しかし、10年間も信じきっていたとは、
自分の純粋さにビックリだ。

レディオ・キャロラインのみなさん、
主催のデュークのみなさん、
そして、ダイム・スタッフのみなさん
御疲れ様でした。
ありがとうございました。







20080913183843.jpg

’08 9 13
@松山星空ジェット

感動(?)の一日から一夜明けました。
今日は、お隣の愛媛県・松山市を目指します。
それと、今日はサポート・べーシスト、コンジョウノブヤが仕事の為、
まさか!?のワタナベマモルです。
実は今回のイベントには最初は観客として参加するつもりでした。
が!前回8月のマモルさんの高松ソロ・ツアーでの打ち上げの席で、
ダメ元でマモルさんにサポート・ベースをお願いしてみると意外にも快諾。
やっぱ、デカイぜ。ワタナベマモル!
また新しく青春の思い出(?!)の1ページを彩ることができました。
マモルさん。本当に有難う御座います。

さて、ライブ当日。そのマモルさんとPM12:00に高松シンボルタワー前で待ち合わせ。
ハプニングエイト号で一緒に松山入りします。
そして、星空ジェットに着き、即リハーサル。
マモルさんと初音合わせでもあります。
・・・。
なんと、マモルさん!
キチンと練習してきてるじゃないですか!
ボクラの音源を渡していたのですが、オリジナルのベース・ラインよりカッコイイ。
あとは、全体の音のバランス(星空ジェットは、モニターが無いため、この部分かなり重要)
を考え、ボーカル重視ということで、各楽器の音量を抑え目に。
30分くらいのリハーサルでしたが、何の不安もなくなりました。
そしてリハーサル後、マモルさんに本日のもう一人の共演者であり、
マモルさんが昨年、自身のレーベルからリリースした
『ドクター・フィールグッド』トリビュート・アルバムにも参加していた
パッチさん(レディオ・キャロライン)を紹介してもらいました。
初対面でしたが何気に話しやすく、面白い人でした。
しかしパッチさん、リハ前から星空ジェットを帰るまで、ずーっとビール飲みっぱなしだったなー。

そして、いよいよライブ・スタート。
ハプニングエイト+ワタナベマモル、デビュー&解散ライブだ。
ま、演奏の方は、まずまずでした。
初顔合わせの3ピースバンドでしたが、善戦したんじゃないでしょうか?
ただ、心残りなことが一つ・・・。
この日、ライブの主催者である白木君・結婚パーティーも兼ねたイベントだったわけです。
もちろん御祝いの言葉を是非ともライブ中のMCで言いたかったので、
ステージ衣装も、いつものボーダーシャツではなく、ネクタイ着用(大人の礼儀)。
しかし!
そう思っていたのは、ボクだけみたいで、
リハーサル前に白木君本人からは、あくまで結婚のことは喋らないでほしいとのこと・・・。
そうか、そうか、照れているのか、それとも何か事情でもあるのかと、
勝手に判断したボクは言われたとおりに封印。
せっかくのネクタイ着用も無駄に・・・。
大人しくライブを終えたわけです。

が!!
バカ・ロックの王様ワタナベマモルには、そんな忠告は通じていませんでした。
結婚、結婚、結婚。
MCで連発でした。
『なんだよ・・・。ちょっとマジメすぎたな。言えばよかった。』
マモルさんのMCの思い切りの良さに後悔しきりでしたが、後の祭りでした。
しかし、今日のMAMORU&DAViESのライブは最高に飛ばしてたな。
今まで見た中でも、一番パンチのあるライブでした。
バンドの状態がいいんだろうなぁ・・・という印象でした。
全く、羨ましいね・・・。
この人とライブで対バンすると毎回、何か教えられる。
また是非、どこかの街で共演したいもんです。

打ち上げで、10年間信じ続けていたことが覆されたりで(この話は次回レポで)
松山の夜は、かなり盛りあがりましたよ。
その勢いで深夜高速を飛ばして、早朝5時に高松に戻りました。

久しぶりの心地良い疲労感だ・・・。





20080913110646.jpg

’08 9 12
@高松オリーブホール

ついに、この日がやってきた・・・。
ハプニングエイト、久々のライブ。
1年4ヶ月ぶりである。
各地のライブハウスのスケジュールで発見されましたら、
是非とも御来場の程、宜しくお願いします。

しかし、この日のライブ。
出演が決まったのが、ちょうど1ヶ月前。
しかもベーシストの目処もたっていない状態でした。
この日のライブの話を持ち掛けてくれたホリチさん
(今年5月の自主イベントでも御世話になった高松アンダーグラウンド界の重鎮)の
半ば強引(?)な薦めで、普段アコースティック・ライブの時の相棒である
コンジョウノブヤにベースを頼んでみては?の言葉にのせられて(?)
活動再開することになりました。
まあ、コンジョウノブヤをベースでという話は前々からボクラ周辺でも出ていたので
すんなりと事は、運びましたが・・・。(またも彼に助けられた)
しかも、会場は滅多に演れることのないオリーブホール。
そして、花田裕之セッションバンドのオープニングアクト。
条件は、揃い過ぎているくらいだ。
これは逃すわけには、いかない。
まさに狼煙をあげる時が来た!
男なら迷わずGOだ!

そして、約1ヶ月のスタジオ・リハーサルを経て、ライブ当日。
・・・。やっぱり、ライブえーな~!
会場のオリーブホールの音響が最高なのも大きな理由だが、
バンド編成で演れるのが何より嬉しい。
正直、一時期は楽しみ方もわからなくなるくらいに
ライブがツマラない時期があったが、今は違う。
同じ曲でも、鳴りが全く違う。(この部分がお客さんにも伝わってたら嬉しいのだが・・・)
吹っ切れたのか、過去がリセットされたのか、
とにかく、楽しい夜でした。
それというのも、誘ってくれたホリチさん、オリーブホール佐藤さん、
そして、サポートしてくれることになったコンジョウノブヤ。
みんなに感謝だ。

なにやら、昔からの知り合いに後押しされっぱなしですが、
とにかく復活です。

明日の松山につづきます。






r h

’08 1 28
@高松ラフハウス

いやはや、世間では髄分前から地球温暖化だと騒がれておりますが、
この日の高松の夜は、久しぶりに寒かった!!!
こんなにちゃんと冬が来てるのに、まだ温暖化ですか?
今日の1F入口(屋外)での受付は、ちょっとした罰ゲームだ。
そんな限りなく雪に近い霙の降る夜の話です。

今夜は、ボクが予てから師匠と勝手に呼ばせてもらっている
炎のパブ・ロッカー『ワタナベマモル』さんがゲストです。
昨年6月以来の来高。
自身4度目らしい。
そのうち、3度はライブで共演しているが、
1番最初は、なんと高校の修学旅行らしい。
この話、初めて会ったときにもしてました。
どうやらマモルさん、香川の人にはいつもこの話してるんじゃないんかな?
ま、それくらい衝撃的だったのでしょうね。
あの修学旅行での出来事は・・・。

今日は、リハーサルの時間が午後6時からと少し遅めだった。
前日の京都から高速バスで午後1時30分頃に、マモルさんが高松駅に到着。
駅まで出迎えに行き、何故か2人でマクドナルドへ。
うどんの国、高松でマクドナルド・・・。何故?・・・。
まあ、なんとか持ち直して2人で1時間ほど(!)談笑。
しかもかなり大き目の声で。
平日の昼下がりということもあり、隣は4人の主婦軍団でした。
その主婦の会話が聞き取れんくらい大きい声でした。
酔っ払ってもないのに・・・。
そこから、忘れ物を取りにボクんち経由でリハーサルへ。
当日、ぶっつけで演る予定だった曲をマモルさんとセッション。
なんとか、なったので2曲演ることに。
なんとも今回もスリリングなライブになりそうだ。

さて、ライブ・スタート。
前回のスモーキーカフェでのセット・リストに近い感じで
わりとスムーズに行けたんじゃないんでしょうか?
あとは、相方とのMCでの掛け合いが最大の課題だ。
これは、ほぼ永遠のテーマになりつつある。
だが、上手くいくまでは死ねない。
なので毎回、成長ぶりを確認しに来てください。
ある程度は、期待に副えます。たぶん。
そして、共演者の方々ですが、見たくても見れなかった。
島津クン&城道さん・・・。
普段は、大人のふりして大抵のことは我慢してますが、
ことライブに関しては、生まれたままのきかん坊だ。
前回の主催イベントでも、そうでした。
受付をしなくては、いけない。
どなたか、心の広いボランティア精神旺盛な方、
またはそういう奇特な方を御存知の方、是非とも御一報下さい。
詳細面談、待遇優遇(予定)します。

しかし、トリのマモルさんの頃には地下の会場へ。
マモルさんの弾き語りは、今回で2回目ですが、前回より数段良かった。
切なくて、どこか可愛くて、そしてマイナー・コードと日本語の
一番似合うロックン・ローラーだと確認しました。

しかし、今回のレコ発は、全曲英語詞だ。
しかもドクター・フィールグッドのトリビュート・アルバムだ。
そして、全18曲ロックン・ロールの大洪水だ。
だから、良くないはずがないのだ。
気になる方は、是非!!

ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~
(2007/12/05)
オムニバス、ミステルズ 他

商品詳細を見る

それでもやはりボクは、
日本語を歌うワタナベマモルが大好きだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。