セルフ・ツアー・レポ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
r h

’08 1 28
@高松ラフハウス

いやはや、世間では髄分前から地球温暖化だと騒がれておりますが、
この日の高松の夜は、久しぶりに寒かった!!!
こんなにちゃんと冬が来てるのに、まだ温暖化ですか?
今日の1F入口(屋外)での受付は、ちょっとした罰ゲームだ。
そんな限りなく雪に近い霙の降る夜の話です。

今夜は、ボクが予てから師匠と勝手に呼ばせてもらっている
炎のパブ・ロッカー『ワタナベマモル』さんがゲストです。
昨年6月以来の来高。
自身4度目らしい。
そのうち、3度はライブで共演しているが、
1番最初は、なんと高校の修学旅行らしい。
この話、初めて会ったときにもしてました。
どうやらマモルさん、香川の人にはいつもこの話してるんじゃないんかな?
ま、それくらい衝撃的だったのでしょうね。
あの修学旅行での出来事は・・・。

今日は、リハーサルの時間が午後6時からと少し遅めだった。
前日の京都から高速バスで午後1時30分頃に、マモルさんが高松駅に到着。
駅まで出迎えに行き、何故か2人でマクドナルドへ。
うどんの国、高松でマクドナルド・・・。何故?・・・。
まあ、なんとか持ち直して2人で1時間ほど(!)談笑。
しかもかなり大き目の声で。
平日の昼下がりということもあり、隣は4人の主婦軍団でした。
その主婦の会話が聞き取れんくらい大きい声でした。
酔っ払ってもないのに・・・。
そこから、忘れ物を取りにボクんち経由でリハーサルへ。
当日、ぶっつけで演る予定だった曲をマモルさんとセッション。
なんとか、なったので2曲演ることに。
なんとも今回もスリリングなライブになりそうだ。

さて、ライブ・スタート。
前回のスモーキーカフェでのセット・リストに近い感じで
わりとスムーズに行けたんじゃないんでしょうか?
あとは、相方とのMCでの掛け合いが最大の課題だ。
これは、ほぼ永遠のテーマになりつつある。
だが、上手くいくまでは死ねない。
なので毎回、成長ぶりを確認しに来てください。
ある程度は、期待に副えます。たぶん。
そして、共演者の方々ですが、見たくても見れなかった。
島津クン&城道さん・・・。
普段は、大人のふりして大抵のことは我慢してますが、
ことライブに関しては、生まれたままのきかん坊だ。
前回の主催イベントでも、そうでした。
受付をしなくては、いけない。
どなたか、心の広いボランティア精神旺盛な方、
またはそういう奇特な方を御存知の方、是非とも御一報下さい。
詳細面談、待遇優遇(予定)します。

しかし、トリのマモルさんの頃には地下の会場へ。
マモルさんの弾き語りは、今回で2回目ですが、前回より数段良かった。
切なくて、どこか可愛くて、そしてマイナー・コードと日本語の
一番似合うロックン・ローラーだと確認しました。

しかし、今回のレコ発は、全曲英語詞だ。
しかもドクター・フィールグッドのトリビュート・アルバムだ。
そして、全18曲ロックン・ロールの大洪水だ。
だから、良くないはずがないのだ。
気になる方は、是非!!

ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~
(2007/12/05)
オムニバス、ミステルズ 他

商品詳細を見る

それでもやはりボクは、
日本語を歌うワタナベマモルが大好きだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。